形成外科

聞きなれない形成外科という科ですが、整形外科とは異なる分野です。美容整形とも違います。

専門の技術で傷ややけど、ケロイドをきれいにする科というと分かりやすいと思います。

皮膚のできものを綺麗にとる技術や綺麗に縫い合わせる技術というのも形成外科の特徴です。

ケガややけど、その他皮膚の外科的な治療をする科です。

軽いすり傷などでも専門の処置を行うことでできるだけ傷跡をめだたないように治療することもできます。

お気軽にご相談ください。

主な疾患

ホクロ、いぼ、タコ、できもの、皮膚腫瘍、巻き爪、ばね指、切り傷・刺し傷・擦り傷などの傷、過去に負った傷の修正、ケロイド、やけど、低温熱傷、凍瘡、皮膚潰瘍、床ずれ、褥瘡 など

特殊な治療

ケガ(外傷)

適切な消毒、麻酔、傷の処理を行ったあと、形成外科で使用する細い針と糸をつかって深い傷などの縫合を行います。麻酔をする際も細い針を使用しますので、通常の太さの針より痛みは抑えられます。出血がひどい傷が深いなど、緊急処置の方法がわからない場合はお電話にてご相談ください。勤務中のケガなどは労災のとりあつかいもございます。状態によっては総合病院、大学病院への緊急搬送となる場合もございます。

巻き爪手術(陥入爪)

巻き爪といっても外反拇指、爪水虫など原因と重症度はさまざまです。感染を起こしている場合は当日に処置を行います。ゆっくりでも痛い治療はちょっと、という方には非侵襲的な巻き爪矯正もあります。痛みがある場合は早めにご相談ください。

ケロイド治療

ケロイドには手術のほかに外用や内服、注射をして治療していく方法もあります。治療方法、期間などさまざまですので一度ご相談ください。

膿、できもの切開

粉瘤や毛嚢炎、せつ、ようなどの皮膚の感染症でできものが腫れて膿がたまり痛みや、ひどいときには発熱を起こします。皮膚を切開して膿を出し中を綺麗に洗うなどの処置が必要になります。抗生物質の内服や点滴をします。

皮膚腫瘍切除

皮膚できものや腫瘍の手術をおこないます。細い針による麻酔注射の後、腫瘍の切除を行い、形成外科の細い針と糸をつかったきめ細かい縫合により、切除後の傷をできるだけめだたなくします。局所麻酔でできる範囲が適応となります。手術中もお話はできますので、担当医と相談しながら手術をすすめてまいります。麻酔アレルギーなどある方はご相談ください。

ばね指治療

ばね指は手の腱鞘の炎症が原因でおこります。炎症の状態により注射治療や手術治療があります。一度ご相談ください。

傷の修正手術

傷の痕が気になる、綺麗に治したいなどご相談下さい。

手術の場合は新たな細かい切開線を加えて再度縫合することにより傷をできるだけ目立たなくする方法です。

やけど(熱傷)

やけどといっても深さや範囲などさまざまです。誤った処置により傷が感染を起こし治りにくくなってしまったり、治った痕が汚くなってしまうこともあります。特に低温やけどなどはじわじわと時間がたってから広がるものです。やけどの程度にあわせた専門の処置によりできるだけ綺麗に治るようにしております。傷が治ったあとのケアによっても痕の残り方は変わります。保湿やUVケアも大切ですので、状態に合わせてご説明しております。

床ずれ(褥瘡)

同じ体勢で長時間いることで血行が悪くなり皮膚が壊死することです。赤い床ずれと黒い床ずれがあり、黒い床ずれは壊死した部分を切除する必要があります。壊死した組織は感染を起こしやすくなります。栄養をとることも大切です。体の中のアルブミンが低下すると傷の治りも遅くなります。

海外手術の抜糸料金(自費診療)

顔・頭(1箇所につき)4,400円(税込)
体(1箇所につき)3,300円(税込)